2007年06月28日

『キャベツの新生活』有吉玉青

♪♪♪
どうしよう。
なんだか、焦ってしまった。

今のワタクシは、いったいナニが大切なんだろう。

どーしても気になる、大切なものって、あるかな。

住んでる場所が ある日なくなったりしたら、
なくして後悔するのは なんだろう。どれだろう。

お気に入りの本以外に…。

 さんざん歩き回った挙げ句
 やっと出張から帰ることになった。

 学生の頃から住んでたあのアパートへ。

 歩き慣れた道、見慣れた景色。

 目の前に広がるのは、空き地。
 ……???
 アパートがなくなっている…?

 俺はゼロから始めることにした。


突然のことに戸惑いながら
「理由はまったくわからないのだけれど、アパートは、なんだかもうないらしい。」(本文より)
と、その事実をなんとなく受け入れて
新しい生活を始めようとする主人公。

その時点で、ワタクシの心は鷲掴み。
あぁ。この男の人の新生活を覗きたい。
ヽ(`◇´#)ノ マタ ノゾキ?!
だって、気になるんだもーん♪
#覗いてるのはこのシリーズ。あは。

結局 人は考えちゃうんだから、
とことん悩むしかないんだと思う。
と、思ったりする。

自分なりに納得できれば、万々歳なんだYO!
とも、思ったりする。
別に唯一の正解じゃなくったっていいよねー。
とゆー感じで。

この物語は、レジュメを読んでいる気になる。
あぁ、大学時代が懐かしいよーぅ。
( ´ー`)ノ ベンキョウ、シテタノ?

最初に読んだとき
いろいろ積み重ねた上での
その結論にドギモを抜かれて、
その後いろいろと反証しようと試みたくなっちゃう。
そして、打ちのめされる。

「ココのコレはどーなのさっ?」と投げかけると、
「ソノ件につきましては、
  ○○ページの○○行目をご覧下さい。」
の一言で、二の句を告げなくなってしまう感じ。

不思議な雰囲気の中にも
キリリとスジを1本、通してくれた有吉さんです。

最後はホントに驚いたので、♪♪♪っ。

有吉作品、記事はこちらーっ。
#『お茶席の冒険』
#『月とシャンパン』




posted by MOW at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46091182

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。