2005年08月02日

衣良ネタ満載の…どうしましょ。

「スローグッドバイ」石田衣良  ♪♪

読んじゃいました。
自分としては、「とうとう…」っていう感じ。

石田衣良って聞いて、みんなしってるんでしょうか。
ワタクシは知りませんでした。(^^;)

人づてに「池袋ウエストゲートパーク(石田衣良)」がイイ!
って聞いたのが始めなんですけどー。なんですけどー。
(オール読物推理小説新人賞受賞作品なのに、失礼な態度)

なんたってイカニモ青春物って感じ?
「ちょっとなぁ」なんて思ってたら
何の因果か「スローグッドバイ」という恋愛短編小説が手元に…

本なんて、出会い。
と思ってるワタクシには絶好のチャンス到来です。

スローグッドバイ
スローグッドバイ

モバイルの方はコチラ

読んでみたらコレがナント意外や意外。
いや、この意外ってゆーのは、偏見なんでしょうけどね。

短編がちょっと苦手ってゆーのもあって、
最初慣れるまでは戸惑っちゃいましたが
4話目の「フリフリ」なんて良いんですよ、ほんと。
もうワタクシも妄想の中で何回フリフリしたことか。

ありそうでなさそうでありそうで、あるよねっ!

という、こんな印象なんですけど。
人と触れ合いたい時に読んだら、救われるかも?!

石田さんの自分ネタがつまっているそうで、
そこいらへんも興味津々ですよねぇ。

地名、人名、店名などなど、現実そのものが出てくるのも
あるよねっ的印象を更に高めます。

あとから出た同類の恋愛短編集「1ポンドの悲しみ」は、
人から恋愛ネタを提供してもらったみたいですけど。
だからこそ、「スローグッドバイ」は石田衣良ネタ満載!

1ポンドの悲しみ
1ポンドの悲しみ




タグ:恋愛 ♪♪ 短編
posted by MOW at 23:29 | Comment(4) | TrackBack(6) | 読書
この記事へのコメント
こんにちは。

前略 桜も満開を迎えいかがお過ごしでしょうか。
なんてなぜか時候のあいさつからはじめてみました。
スローグッドバイ読んでみました。
とっても楽しめましたよ。教えてくれて感謝しています。
「フリフリ」のあのての動きにはあんなさみしい意味が込められていたんですね。僕はあんなつきあいかたいや!なんて思いながら読んでいたけど、あの結末でほっと胸をなでおろしました。
草々
Posted by kbb at 2006年04月02日 15:11
前略 前略という言葉は、なんだかとても懐かしい気分に浸れますね。
こんにちは、kbbさん。時候であいさつ出来ませんでした…。不甲斐なさに涙が頬を伝います。
読んでいただきましたか。ありがとうございます!特に本の宣伝に関わっているわけではありませんが嬉しいのです。そして正直ひと安心です。感想が人それぞれなのは分かっていても、やはり気になるという人の性。いわゆる小心マルダシですね。
「フリフリ」してしまいましたか?そうなんです、さみしいのです。だから何度も「フリフリ」してしまうのです。
草々?
Posted by MOW at 2006年04月03日 18:00
前略。
夏至も過ぎたとはいえ、 まだまだ雨の匂いが洗濯物に残る今日この頃です、 いかがお過ごしでしょうか。
私も読みました。
石田さんの青春の記録みたいな恋愛ものでしたね。 このときは短篇ものが苦手なMOWさんでしたが、 その後は手に取る機会も増えたようで、短篇ものに対する気持ちの変化は近頃ではいかがでしょうか?
えーと・・
「かしこ」
Posted by tsukiko at 2006年06月27日 11:31
前略。
前略という言葉が懐かしいのは 「前略、おふくろさま(?)」に因を認めました。タイトルしか知らないMOWは なんとか生存しています。
こんばんは、tsukikoさん。季語の多そうな6月にさえキチントしたご挨拶が適わず…
読んで頂けましたか!やはり嬉しいものです。^^/
石田さんは 美しいものを見出す目と心をお持ちなのでしょうか。今は短編集も好きです。こんな変化も嬉しいものですね。アンソロジーも好きになってきていて、エッセイがもう少し時間を要するかもしれない状態で…
でも最近のワタクシは、川上さんを読んだ後 読書熱が落ち着いてしまっているんですけれどっ。
ほほほっ。
「かしこ」!
Posted by MOW at 2006年06月28日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

短編小説
Excerpt: 短編小説短編小説(たんぺんしょうせつ)は文学作品の内容ではなく、その形態による分類の一呼び名。ショートショート、中篇小説、長編小説に対して言われるものである。一般に原稿用紙約数枚〜80枚程度の作品がこ..
Weblog: 小説の詳説ページ
Tracked: 2005-08-04 02:46

石田衣良『スローグッドバイ』集英社文庫
Excerpt: 恋愛短編集。どの話も男女の爽やかな出会いと 別れを描いていて、読み終わると心が温かくなるような優しい感じが漂っている。一番心に残ったのは、友人カップルの前で体裁を整えるために恋人同士の振りをしていた..
Weblog: 活字の宇宙へと
Tracked: 2006-01-17 21:09

スローグッドバイ-石田衣良
Excerpt: 「スローグッドバイ」 石田衣良 おはようございます。ついさっきのことなんですけど、NHKの「課外授業~ようこそ先輩~」という番組に角田光代がでていました。自分の卒業した小学校に行って、授業を行うとい..
Weblog: あれやこれや
Tracked: 2006-04-02 15:07

6月27日物語 : お洒落な恋愛
Excerpt: くどくどどろどろした恋愛ではないものを読みたい時には良いかも。 20代の恋愛話が10編。 石田さんにとっては、 初めての短篇集で初めての恋愛作品集になるそうです。 (2002年に単行本、 2005年..
Weblog: 株も読書も恋人も
Tracked: 2006-06-27 11:33

スローグッドバイ<石田衣良>−(本:2007年76冊目)−
Excerpt: スローグッドバイ 出版社: 集英社 (2005/5/20) ISBN-10: 4087478165 評価:81点 先日、有楽町のビックカメラのテレビ売り場をブラブラしていたら、著者が画..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-08-04 16:14

「スローグッドバイ」
Excerpt: 「スローグッドバイ」    石田 衣良:著 ???? 集英社文庫/2005.5.20/457円    通の人たちの少しだけ特別な恋を綴った10篇。 出会いから別れまでの一瞬..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2007-09-14 16:35
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。