2007年09月19日

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』ジョン・グローガン

♪♪
今までワタクシが読んだことのある、
犬についての本を思い返してみると…

「世の中にはこんな素晴らしい犬がいるんです」とか
「こちらの駄犬はこの調教で立派になりました」とか
そんな物語やhow toが多かった。

やっぱりそうなっちゃうと思う。
「ウチの犬はこんなにおバカなんですー。」なんて
世間様へ向けて公表したくないし、そんな勇気もない。
( ̄‥ ̄)=3 ナンジャクモノ デス。

その点、著者のジョン・グローガンさんは立派!
マーリーというラブラドール・レトリーバーを
家に迎えたことで起こるドタバタを、書いちゃった!
(* ̄0 ̄*) パフパフ ドンドンー♪



これはどうしたことだろう。
妻のジェニーが観葉植物を枯らしてしまった。

この先、私たち夫婦が赤ちゃんを授かったとき
ちゃんと育てられるのかしら?
植木鉢に入った植物さえダメにしちゃうのに。

妻の不安は一気に膨らんでしまったようだ。

そこで飼うことに決めたのが、ラブラドール
穏やかで優しく、陽気で楽しい犬種なんだし、
子育ての予行演習に最適だろう。

………!!!

ところがそれは甘かった!
マーリーがウチにやって来たその日から
僕らのモウレツに大変な日々が、幕を開けた。

マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと
マーリー―世界一おバカな犬が教えてくれたこと
モバイルの方はコチラ



分かりましたよ、ジョンさん。白状します。
ウチのハピ子も おバカな犬 の仲間ですよ。
( ̄▽ ̄;;) アハハー。

庭に放したまま1・2分の間だけ目を離したら、信じられないくらい大きな穴を掘っちゃうし、
雷が鳴り始める随分前から大声で吠え続けるので、外犬なのに家の中(玄関)へ入れてあげてるし、
自分が興味を持ったからには、相手がどんな人でもどんな犬でも体当たりして歓びを表現するし…。

ちょっと例を挙げただけでコレですよ。ヽ( ´ー`)ノ ハァ。

でもね。
見る人から見れば「そんなんじゃ、ダメだYO!」的な
我が家の犬との暮らしかもしれませんが、
ハピ子のことが大好きなんです。(*´∇`*)

穴掘っちゃうのは、楽しかったんだろうし、
雷だって怖いなら、それはしょうがないんだし、
体当たりは…これはちゃんと阻止してますけど。

あ。
これだけ書くと何でもアリみたいに見えるかもしれませんが…、 実はワタクシ、飼い犬から見たら怖くてシツコイ飼い主です。 躾の境界線が各家庭の状況によって違うと思いますので、ご考慮くださいまし。


我が家では、ジョンさんのウチみたいに
犬を飼ってる間に家族全員が泊まりでどこかへ行く、
しかも飼い犬が老犬で体調不良の場合でも行く、
ってゆーことがナカッタので
そのへんはジョン家を理解不能ですが…
国が違えば考え方も大違いとゆーことで。あは。

なんだか長々と書いてしまいましたが、
「ウチの犬は、こんなダメなところもあるけれど、それでも、それも含めて大好きで、一緒に暮らしていけることが嬉しくってしょーがないんだYOーぅ!」
と、親バカ全開になってしまう本です。

最期にはしんみりしちゃいました。
でも泣かせるためのエッセイではありません。
コラムニストだけあって、ブラックな書きっぷりに
ワタクシはほとんど笑いながら楽しみました!

あと、訳者の古草さんも素晴らしいと思います。





タグ:♪♪ 家族
posted by MOW at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。