2005年08月11日

「さぁ、ワトスン君も帽子をかぶりたまえ」

「緋色の研究」コナン・ドイル  ♪♪

誰もがしってるシャーロック・ホームズ探偵シリーズもの!
読んだことなくっても、ホームズの名前は聞いたことある?ある?

ワタクシはぁ、小学生の頃から知っていたような、知らなかったような。
そんな感じですけどっ

でもその頃ってー、宿題にでもなんなきゃ本なんて読まないってー。
それに子供向けの「○○文庫シリーズ」みたいな…
ムリムリ。お父さん、おかあさん、ごめんなさいぃぃ。

それから比べたら今のワタクシって 大読書家?!

緋色の研究
緋色の研究
モバイルの方はコチラ!

というわけで。つい最近読みました。
シャーロキアンのみなさま、申し訳ございません(^^;)

ここで一発!
「シャーロック・ホームズへの意識変化調査ぁー!」
(まだ1冊しか読んでない、ワタクシだけの意識)

1,なに、ホームズってこんな人だったの?
  もっとこう…なんてゆーか、その…ねぇ。

2,えっ?ワトスン君って、ただの助手さんじゃないの?
  もっと若くて、ナヨッとしてる人かと思ってたぁ。

3,へぇ、ワトスン君はブルドッグ飼ってるんだー。
  ワタクシも犬好き。ブルドッグって高いんだよね。

4,なに、2人は一緒に住んでんの?
  あー、まぁそうかもねー。そうだよねー。

5,グレグスン&レストレード刑事って
  感情丸出しなトコロがちょっとチャーミング?

そう!
読む前と読んだ後では、イメージが違う。
かなり違う!
もっと子供向けの読みモノかと思っていたぁぁ!!

そりゃ、海外ドラマ「CSI:科学捜査班(マイアミもある)」とか、
現代の科学技術を結集してやっつけろーっ!
てゆーのとは
ちょっとかけ離れてるかもだけどー、

でもでも探偵さんの推理解決能力としては一級だと思うし、
なにしろ一般凡人のほほん型のワタクシには目からウロコ。

「へぇぇ、そんな風にホームズ君は考えちゃうんだぁ」
「ほほう、サスガですね、ホームズ君。」
「そんなトコまで分かってたの?先に言ってよ、もう。」
って感じ?!

この「緋色の研究」は、
ドイルが初めてホームズを書いた作品。
ということはぁ、

ホームズとワトスン君が出会うんですっ!
それで、初対面のワトスン君と一緒に、
ホームズをちょっとずつ知っていくことができるのです!

読んでみて良かったー。なんかスッキリしちゃった。



posted by MOW at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5774659

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。