2005年08月19日

ツラかったんだねぇ、浜っちぃ。

「ともだち刑」雨宮処凛  ♪

このお方の名前、ワタクシ読めませんでしたぁっ!
知らなきゃ読めませんってば、これはぁ。

雨宮処凛 アマミヤカリン 。

たまたま手にとって、
折角だから(いつもっ!)読んでみよっかなって。
例によって、内容まったくしりません。

だって、あらすじとか書いてなかったしぃ。

バレーボール部に、
今井さんこと「あなた」が入部してきたことで、
浜田さんこと「私」と、
かずと紺野さん3人の関係が変わっていってー。
それで部内の雰囲気も変わっていってー、

結局…イジメです。くーっ!


読んでて 不思議な感覚になっちゃいます。
だって、最初っから最後までズーッと

「私」の視点から(!)描かれてるんですよぉ。

中学生の時のイジメられてた「私」が、
どの時にどう思ってたか。
美大予備校生の現在、人と関わらずに、
どうやって生きてるのか。
それで、今後、どうしていくのか…。

今後が問題っ!哀しいかな、大問題っ!!

そりゃぁー大変なラストだけど、
でもでもでも。
「私」の頭の中に入り込んで読み続けてるから、
流れ的にはスンナリと
最終場面に辿り着けるのです…

それがまた、哀しい。とても哀しいっ。あぁ…

「こんな風に考えてるんだな」
「こんな風に感じてるんだな」
「こんな風になっちゃうんだな」
「こんな風にしちゃうんだな…」 って。

そんなに難しい文章じゃないし
(だって「私」の感情だし)
主人公のイジメられ時代と同じ中学生も、
読めるんじゃないかな。

もし興味があれば、読んでみても良いんじゃないかな。




タグ:友情
posted by MOW at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5863359

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。