2007年10月26日

映画『RENT』

♪♪♪
観たい、観よう、そのうちね。
そう思い続けてはいたけれど、手を付けなかった。

ミュージカルは好きなんだけれど
ミュージカル映画にはガッカリさせられることが
多かったから。( ̄‥ ̄)=3

たくさん観てるワケじゃない。
その中で良かったと思えたのは
バトラー主演の#『オペラ座の怪人』とか
この前観た#『ヘアスプレー』くらい?
まだまだ観てないモノも多いんだけれど。

ワタクシは、ミュージカル舞台自体が
ある意味とってもありがちなストーリー展開だし、
観劇には劇場だからこそ感じられる 息使い とか
良い意味での 生々しさ が必要だと感じている。

あれ?なんだかマジトーク??(* ̄m ̄)

まぁ、それを映画化してしまったら
その映像の中には 心に響く歌とダンス以外にも
普通の映画以上に 濃密な世界観 と
舞台とは違う 映画らしさ とがないとダメだよね。

おぉ!まだまだマジトーク??( ̄▽ ̄)ノ


レント デラックス・コレクターズ・エディション モバイルの方はコチラ

監督:クリス・コロンバス
制作:ロバート・デ・ニーロ
CAST:
ミミ(ロザリオ・ドーソン
ベニー(テイ・ディグス
エンジェル(ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア)
コリンズ(ジェシー・L.マーティン)
モーリーン(イディナ・メンゼル)
ロジャー(アダム・パスカル
マーク(アンソニー・ラップ
ジョアンヌ(トレイシー・トムス



そこでRENTの舞台ですけども。
ブロードウェイでロングランだし、今冬には来日。
トニー賞とかピューリッツァー賞(!)も受賞!!
そして映画化にはロバート・デ・ニーロが制作、
クリス・コロンバス(←ハリポタの人)が監督。

うーむ。d( ̄◇ ̄)b グッ!!
ムリヤリ時間作ってでも劇場で観たかった

映画化したことで気になることの多い、
この人有名だけど歌があんまり…
あれ?クチパクまる分かりじゃないの…
なんだか展開がミエミエで欠伸が出ちゃう…
ダンスのテンポが微妙にズレてるんだよねぇ…
という様なことを 意識せずに 観られたのです!

正直、これって最低ラインのハズだけど、
なかなか難しいモノなんですよねー。
好みもあるし。(⌒ー⌒)

レントのサントラ
オリジナル・サウンドトラック レント

嬉しいことに物語へ集中することが出来た、
この映画の内容はといえば…
NYのイースト・ヴィレッジで暮らす人たちの
ドラッグ、エイズ、同性愛の存在する生活や
貧富、芸術と生活としての仕事を通しての
愛すること、生きることへの葛藤、です。


セクシャル・マイノリティーに抵抗がなければ

「ミュージカルは舞台も映画も観たことないけどDVDレンタル料金くらいだったら払ってもいいかなぁ。」
っていう人も
「これ以外の舞台や映画のミュージカルを観たことあるんだけど、なんだかイマイチだったんだよなぁ。」
っていう人も
この映画『RENT』は観てみたら良いのでは?

「それでもやっぱり、楽しめなっかったYO!」
ということであれば、
それはミュージカルが肌に合わないんだと
断言してしまってもOKなんじゃないかと思う。

まだほとんど映画の内容に触れてないのに
こんなに長い文章になってしまった…。
詳しく知りたい人は、自分で調べてみてね。
↑放置プレイ???( ̄∇ ̄ )





posted by MOW at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62595173

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。