2005年08月31日

博士と一緒に過ごした貴重な日々。

「博士の愛した数式」小川洋子  ♪♪♪

この本を知ってる人も、多いのではないでしょうか。
ちょっと前まで、いろいろな所で目にしてました。

「本屋さん大賞」受賞作品です。

でも今頃読んでるんですけど…ワタクシは。

ハードカバー版を読んでみました。
といっても、まだ文庫は出てないみたいなんですけど。

この作品には、「あとがき」や「解説」がありません。
ハードカバー版ならありがちですけど、
でも今回に限っては、
そんなところにも
特別の意味があるような気がしてしまいます。 

とっても潔いというか、完結しているというか
そんな印象を…。

いろいろ内容の紹介をしているところもありますが、
もしもまだ知らないのなら、
知らないまま読んで欲しい。
そんな思いを抱いてしまいます。



美しさ 儚さ 尊敬 苦しさ 愛情 成長 永遠 困惑
静けさ 希望 尊厳 楽しさ 友情 衰退 有限 慈悲

ざっと思いつくだけでも、
これだけの感情が詰め込まれています。
ワタクシの語彙力に限界があるだけで、
もちろん、こんなものではありません。

数学が苦手なワタクシは、読む前不安でしたが、
そんな心配は必要ありませんでした。

数字を愛することが出来る。
数字、数式、定理など、
とっても美しく、完全で、
愛おしい存在として感じられるのです。
少なくとも、この物語の中では。

物語の中で重要なポイントとなる
「オイラーの公式」 は、
明言されてはいないけれど、理解することができます。

数学の公式としての理解ではなく、
博士にとっての意味合いを汲み取ることが出来るのです。

こんな、数式に対するイメージは、
この本に「あとがき」や「解説」がないことと
関連づけて考えてしまいます。
過剰も不足もない、完全で美しい物語。

読み進んでいくうちに、
「まだ終わって欲しくない。
 もっと博士達と一緒にいたいよ。」
こんな風に思い始めます。

本屋さんが勧めるだけのことはありますよ。





posted by MOW at 09:44 | Comment(10) | TrackBack(13) | 読書
この記事へのコメント
はじめまして、トラバさせていただきました。
こんなに上手に書かれている記事にトラバってどうかとも思いましたが、私なりの感じ方を書きました。マイナスになるようでしたら、はずしてくださいね。
よろしくお願いします。
Posted by 鉄人ママ at 2005年09月24日 19:37
鉄人ママさん、ありがとうございます。
上手だなんてとんでもないですっ。とりとめないだけで…でも大歓迎ですよー!
これからも宜しくお願いします。
Posted by MOW at 2005年09月24日 23:48
おはようございます。
著者の小川さんは博士を宇野重吉のイメージで書いたそうですので、寺尾聡うまくやってほしいですね。
また、遊びに来ます
Posted by 鉄人ママ at 2005年09月25日 11:22
鉄人ママさん、おはようございます!
宇野重吉さん…ちょっと顔が思いつかなくって、調べちゃいましたっ。
画像を見て嬉しくなっちゃいましたよー。この本を読んでる時に、ワタクシがイメージしてた博士にそっくり!!
でも息子の寺尾さんって、そんなに年取ってましたっけ…?
Posted by MOW at 2005年09月26日 09:14
「博士の愛した数式」試写会の予告記事です。よろしくです。
Posted by 鉄人ママ at 2005年10月18日 17:49
こんばんは、鉄人ママさん。
いいですねぇ、試写会!コレは乱用してでも行かなきゃですよ。
是非是非感想聞かせて下さいね。寺尾聡さんの博士役はどうだったのか?
相手役の深津絵里さんがどんな感じだったのか?
興味津々です。
Posted by MOW at 2005年10月18日 23:31
こんばんは〜
文庫版が発売されたようなので早速買いました。
数学がホントに苦手なため、オイラーの式が出てきたときには「う・・・」と固まってしまいましたが、ルートと博士の間の愛情はとてもすばらしいものでした。ルートが博士を本当に尊敬しているっていうのがラストでもはっきり出ていていいですね。
Posted by ぶっか at 2005年12月13日 23:48
ぶっかさん、こんばんはー。
読んだんですねー!文庫版発売ですかぁ。やっとですね。あとがきとか読んでみたい気がするんですけど、立ち読みでもしちゃおうかなーっ。
ワタクシも数学と聞くとそれだけで…でもこの物語はそれがメインじゃないですもんね。ホッと一安心だったのを覚えてます^^;
イイ話だったなぁー。
Posted by MOW at 2005年12月15日 00:31
こんばんは
はじめまして。
tsukikoさんのところから辿ってやってまいりました。こんな古い記事なのでちょっと躊躇しましたが再読したのを記事にしたのでTBさせていただきました。
ホントにこの作品って「美しい」ですよね。余計なかざりなんて一切ない美しさ。でもすごく人に響くなにかがあるんでしょうね。最初に家政婦と博士の恋愛物語を期待して読みはじめた自分が恥ずかしいぐらいです。

Posted by kbb at 2006年01月08日 21:39
kbbさん、はじめましてです!
今、kbbさんのところへ行って参りました。コメントとトラックバックをお返ししちゃいましたよ^^
やっぱりちょっと照れくさいですけれど、こうしてお知り合いになれたんですからtsukikoさんサマサマですね。
実の所、ワタクシも恋愛しちゃうのかな、なんて思ってました。嬉しい裏切りに合えて、良かったですよね。
今思い出しても、素敵な世界だなぁ、と思えます。映画を観る前に、ワタクシももう一度読み返そうかな…
読書歴が浅いワタクシですが、これからもどうぞよろしくお願いいたしますっ。
Posted by MOW at 2006年01月09日 18:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「博士の愛した数式」考
Excerpt: 「博士の愛した数式」小川洋子著より 事故が原因で80分しか記憶できない数学者(博士)と、その家に雇われた シングルマザーの家政婦(私)とその息子(ルート)の交流物語です。 おすすめします。5つ星で..
Weblog: 鉄人ママの社長ブログ
Tracked: 2005-09-24 19:37

博士の愛した数式ー映画試写
Excerpt: 私はタレントプロダクションを経営しています。
Weblog: 鉄人ママの社長ブログ
Tracked: 2005-10-18 17:49

「博士の愛した数式」
Excerpt: 小川洋子さんの「博士の愛した数式」を読みました。 過去の事故が原因で、事故以後についての記憶は80分しか残らなくなってしまった、数学者の博士と、博士の家に派遣された家政婦さんとその息子のお話です。 ..
Weblog: ぶっかにっき
Tracked: 2005-12-13 23:44

博士の愛した数式
Excerpt: 「博士の愛した数式」 小川洋子 今度公開される映画「博士の愛した数式」(映画公式ページ)を見に行く話しで友人と盛り上がっています。今度こそ思いっきり泣くぞというつもりで見に行くのですけど、その前に忘..
Weblog: あれやこれや
Tracked: 2006-01-08 21:36

博士の愛した数式
Excerpt: 博士の愛した数式博士の愛した数式を読んだ。 80分しか記憶がもたない、という博士がいる。 そこに家政婦として働き出した「私」と、その息子の物語。
Weblog: 貧乏社長日記
Tracked: 2006-01-12 23:14

博士の愛した数式
Excerpt: 著者: 小川 洋子 タイトル: 博士の愛した数式 現在版のおとぎ話、メルヘンだろうか。 去年、第1回本屋大賞を受賞した作品。本屋さんが一番売りたかった本らしい。 スーと読めて、ほろっと..
Weblog: 羊の迷想
Tracked: 2006-01-15 11:09

博士の愛した数式 作者:小川 洋子
Excerpt: 優しい時間、優しい数・・・ 数学が好きだった人にも、嫌いだった人にも、ただ、数の楽しさを感じて欲しい。 映画化もされる、ヒューマンドラマを読んでください。 博士の愛し
Weblog: 変だ、この本!
Tracked: 2006-01-18 18:40

小川洋子『博士の愛した数式』新潮文庫
Excerpt: 以前から話題になっており、映画化もされるので手にとってはみたものの、どちらかというと文系人間の私には、とっつきにくい内容なのではないだろうかという思いが、どうしてもぬぐいきれなかった。しかし、読み進..
Weblog: 活字の宇宙へと
Tracked: 2006-01-26 20:49

小川洋子【博士の愛した数式】
Excerpt: うーん。 なんという静謐(せいひつ)な世界だろうか。 すべてが美しい。この小説に登場する人々すべてが優しい。 こんなに美しくて優しくて、いいのだろうか? 現実感ってものが乏し..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-04-28 11:27

博士の愛した数式<小川洋子>−(本:今年41冊目)−
Excerpt: 新潮社 ; ISBN: 410401303X ; (2003/08/28) 評価:95点(100点満点) 交通事故により1975年以前の記憶しか持たず、それ以外は80分間しか記憶が続かない..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-04-29 15:36

博士の愛した数式/小川洋子
Excerpt: この瞬間を懸命に生きることの大切さを博士は教えてくれました。たとえ記憶は80分しか続かなくても、人の心に幸せを残し、その瞬間に存在した証を残すことはできます。 数学者であった博士とその家政婦の母..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-07-08 12:14

博士の愛した数式/小川洋子
Excerpt: 数学は常に私を苦悩と絶望の淵に追いやってくれていました。 高校3年生まではw でもこの本を読むと 数学という真理を探究する学問のひたむきさと 数式が持つ美しさにハッとさせられます。 <ス..
Weblog: 心理学とタイと読書日記
Tracked: 2006-07-09 14:23

博士の愛した数式
Excerpt:  交通事故の後遺症で、天才数学者の博士(寺尾聰)は、記憶がたった80分しかもた...
Weblog: 自宅でDVD三昧!??映画・ドラマどんと来い!
Tracked: 2006-08-17 18:23
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。