2005年09月16日

まるごと鈴木光司色に染まってみる。

「アイズ」鈴木光司  ♪♪

不思議だったり 懐かしかったり 不安になったり
鳥肌がたったり 希望があったり ひと安心したり

いろんな作品が入り混じっていて…
どんなジャンルなのかチョット判断しづらいですね。

でも、思ったのは、
鈴木光司の色に染まった
鈴木光司を 堪能できる
そんな作品なんじゃないかってこと。



「彼の作品ってひとつのジャンルに収まらない」
っていつも思う。

それにコノ本の作品の順番ったら!
ぜーったいこれ以外にあり得ないーっ!と納得っ。

ワタクシの感情の起伏や流れを
知られてしまっているような
(それこそ、あり得ない…バカなワタクシ)
そんな不安な気分にもなっちゃうくらいに、
いいっ!

最初は「鍵穴」じゃなきゃいけないし、
最後は「 櫓 」じゃなきゃ不完全燃焼
やられちゃったなぁ、また。

なんでだろう。
彼の作品は、どのジャンルでも
いつも入り込んでしまう。

独特の語り口、映像を見てるような情景描写、
心に届く切り口、自然に流れ落ちていく結末、
好きだなぁ。

「鍵穴」に感じる人の恐怖、
「しるし」で思う切な願い、
「タクシー」の暖かい感情、
「櫓」の頂から見える未来、

もちろん、他の作品も感じるものがあるんだなぁ。



そういえば最後にある
「見えない糸 あとがきにかえて」では、
「仄暗い水の底から」に通じる作者の体験が綴られてますっ。
ノンフィクションだと思うと、コレこそ怖いってぇ…






タグ:♪♪ 短編
posted by MOW at 00:44 | Comment(5) | TrackBack(1) | 読書
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
「アイズ」の作品の順番は、確かにこれ以外無いですね。
「櫓」が最初に来たり、「鍵穴」が真ん中に来てもしっくり来ないです。
僕も、たまにお邪魔させていただきますので、僕のブログにも、たまに寄ってみてください。
Posted by tairiku at 2005年09月18日 13:06
再び来ました。
リンク貼っていただきありがとうございます!!
僕などたいしたこと書いていないのに、すいませんです。こういうトラックバックやリンクは大歓迎です!!
Posted by tairiku at 2005年09月19日 11:45
tairikuさん
また来てくれてありがとうございまーすっ!
ワタクシあんまりTBとかやってなかったんですけど…tairikuさんの「牛丼」のくだりにマイッテしまったのです。
これからもどうぞよろしく。ワタクシもまた伺いますね。
Posted by MOW at 2005年09月19日 22:06
こんにちは、また来ました。 そうですか、”アイズ”、良かったですか。 私は 今まで読んだ鈴木さんの中では”楽園” が好きなのですが、別の作品でがくっときてしまったので、危なく鈴木さんを見捨てそうになっていました。  
でも暇人Tさんのブログを読んで、アイズ を読んでみたくなりました! 作家にも波はありますし、読む側の体調もありますものね。  
Posted by tsukiko at 2005年10月07日 08:31
こんにちはぁ、tsukikoさん!「楽園」よかったですよねー。うん、あれは良かった。そして「アイズ」…ここで再び考えちゃいました。あの「楽園」と比べるとどうなんだろうか、って。ぜひ読んでいただいて感想を知りたいです。tsukikoさんの感想はとっても好きなのっ。
作家の波と読者の体調かぁ、そうですよね。確かに。今思ったんですが、楽しんだ度合いもやっぱりそれぞれ違うわけで、ありがちな☆印も意味あるかも、なんて。
Posted by MOW at 2005年10月07日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

10月6日物語 : 光、射せ
Excerpt: 鈴木光司 の 光射す海 を、読み始める。  7ページ程読む。  あれ?  表紙を見る。  鈴木光司よね? もう5ページ読む。 あれ?  表紙を見る。  鈴木光司よね? 耐えてもう5ページ読む。..
Weblog: 株も読書も恋人も
Tracked: 2005-10-07 08:33
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。