2005年09月24日

歌舞伎「九月大歌舞伎・夜の部」

♪♪♪
昨日なんですけど、
生まれて初めて歌舞伎を観ちゃいましたっ!
お銀座の歌舞伎座でー。
ワタクシにとっては、とっても贅沢な経験。
だって 1階席の前の方だったし!
それに 花道の近くだったし!

今までは、興味はあっても
ちょっと二の足を踏んでたんです…
「性に合わなかったらヤだなぁ」って。

でも観終わった今となっては
今まで観なかった事を後悔。
今日は、俳優さんの表情まで
シッカリと 拝めたんですっ!

ちょっとした身体の動作(例えば指先)とか
ちょっとした表情の変化(例えば視線)とか

こーゆーのが大切なものなんだな、歌舞伎って。
そんな風に思いましたよ。
もしかして これって常識かも?!不安…

でも幕観席とか立見席って安いんですねぇ、
今日は800円でしたよっ。
席の場所は一番上だし、観られるのは1幕だけですけど
それでも楽しめちゃうんじゃないかなぁ。

あ、その時はオペラグラス持参が必須ですね?

時間の関係で、3幕目は観られなかったんだけど、
いやぁ、楽しかったです、歌舞伎。
堪能しちゃいました!!

『平家蟹 へいけがに』

平家が滅亡した後の壇の浦が舞台。

平家官女のひとりで、源氏を恨み続ける
姉・玉蟲(芝翫:しかん)。
源氏方の那須与市の弟・与五郎と恋仲の
妹・玉琴(魁春:かいしゅん)。
今は 僧だが、元は平家の武将だった
僧・雨月(左團次:さだんじ)。
玉琴と恋仲の那須与五郎は、
橋之助(はしのすけ)さんが演じてますっ。

姉は源氏が憎くてしょうがないのに、
妹が「源氏方の人の所に嫁ぎたい」
って言ってるんだから…そりゃ大変!

姉の玉蟲は、
平家蟹の肉を浸した酒を飲ませて、
恋仲の二人を呪い殺してしまいます。
僧の雨月の話を聴く余裕もないってもんです。

人を殺した後、果たして
どういう選択をすることになるのか?!

平家蟹ってゆうのは、
滅亡した平家が壇の浦に来た頃から
甲羅が恐ろしい人顔になっちゃった蟹。
平家の怨念を感じさせるものです。

それにしても芝翫さんの演技に惹き込まれました。
凄いですよ、ホントに。

「哀しい…」と思って 涙ぐんだり
「恐ろしい」と思って 鳥肌が立ったり

この演目は、今回8年振りの上演なんですよーっ。
ってゆーことは、次いつ観られんの?

そういえば、NHK大河ドラマ「義経」の
お徳 役、ナレーションの白石加代子さんが
ここでも 語り をやってらっしゃいました!


勧進帳 かんじんちょう』

源平の合戦の後に 源頼朝と仲が悪くなった
義経(福助:ふくすけ) は、
山伏へ姿を変えた武蔵坊弁慶(吉右衛門:きちえもん)ら
と共に奥州へ向かって 都落ちしました。

頼朝は そんな義経を捕まえるために
関所を設けて、
山伏を 徹底的に調べ上げるように
命令を出したんです。

加賀国にある 安宅の関 で、
そんな一行を
関守の富樫左衛門(富十郎:とみじゅうろう
が待ちかまえてる!

果たして 義経たちは
関所を無事通過できるのか?!

吉右衛門さんの弁慶、すごく大きく見えましたっ。
やっぱり巧いですねぇ。
弁慶らしい飲酒シーンがあるんだけど、
ホント面白い!

最後に花道を飛六法を踏んで行くんですけど
あれを近くで観られたワタクシは
幸せモンでございます。

銀座で時間が空いた人は、
1幕だけでも楽しんでみては?

※この記事の中の歌舞伎役者さんの名前をクリックすると、
 #「歌舞伎俳優名鑑」へジャンプします。覗いてみてねー。


あと、超初心者のワタクシよりも
詳しい方がたくさんいらっしゃいます。
他のページも読んだ方がいいですよっ。








タグ:♪♪♪
posted by MOW at 01:14 | Comment(6) | TrackBack(3) | 娯楽
この記事へのコメント
TB&コメントありがとうございます。
昨日鑑賞、ということは23日ですか?それならば私と同じ舞台を見たことになりますが。豪奢な衣装と女形の振る舞いを見ては帰る道々、自分を省みてしまう私ですが、どうぞよろしく。
Posted by 結花 at 2005年09月24日 01:58
結花さん、コメントありがとうございますー!!
そうなんです、23日に鑑賞して来ました。女形の人達はホントに素晴らしいですね。男だってゆー事を全く意識せずに観ることが出来ましたっ。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします!
Posted by MOW at 2005年09月24日 02:20
こんばんは、龍の目です。
トラックバックありがとうございました☆
また、記事中でご紹介まで頂きまして、
驚いたのなんのでございます。
今回の勧進帳は今年上演された歌舞伎の中でも、
かなり優れた作品だったのではと思います。
Posted by 龍の目 at 2005年09月24日 23:32
龍の目さん、コメントありがとうございます!
実は龍の目さんのページに書込みが出来なくって、ご挨拶出来なくって…記事でリンクしてしまってすみません。ご迷惑な時は言ってくださいね。。
やっぱり優れてたんですね、もうホントに楽しかったんですよ。
1回観ただけの超初心者ですが、今後とも宜しくお願いします!
Posted by MOW at 2005年09月24日 23:54
こんにちは、びんちょ♪です(*^▽^*)
TB&コメント&ご紹介、どうもありがとうございます。
歌舞伎観劇の感激の世界へようこそ♪
こうしてたくさんの方に観ていただきたいなぁって思います。。。
Posted by びんちょ♪ at 2005年09月25日 14:04
びんちょ♪さん、おはようございます。
そして、コメントありがとうございます!
今回は友人に誘っていただいたのでとっても良い席だったんです。
次からは幕観で、1作ずつ堪能するのもオツかなぁ…なんて思ってますっ。
また覗きにいきますので、よろしくお願いしまーす!
Posted by MOW at 2005年09月26日 08:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

九月大歌舞伎(夜の部)観劇
Excerpt: 9月23日(金)、歌舞伎座「九月大歌舞伎」を観劇してきました。 夜の部の演目はこちら。 1.平家蟹(へいけがに)  官女玉蟲:芝翫  妹 玉琴:魁春  那須与五郎:橋之助  僧 雨月:左團..
Weblog: いつも心に織田っち&段さまを♪
Tracked: 2005-09-24 23:13

観劇日記??歌舞伎座9月
Excerpt: 今度の月曜日26日に千穐楽を迎えます、東京歌舞伎座 の「九月大歌舞伎 」。 僕は去る14日(水)に、夜の部の「勧進帳 」だけを観てまいりました。 僕の大の贔屓であります二代目中村吉..
Weblog: 龍の目
Tracked: 2005-09-24 23:29

平家蟹
Excerpt: 2005年9月 歌舞伎座 夜の部西海に 沈みむれども 平家蟹 甲羅の色も やはり赤旗 (by狂歌百物語)待って待って待ち続けておりました。H9年3月。って筋書きの文字見てビビビックリ〜!そんな昔のこと..
Weblog: 古典めざましタイ
Tracked: 2005-09-28 14:18
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。