2007年12月15日

映画『恋にあこがれて in N.Y.』

♪♪
映画を観ようと思ったのはいいけれど、
レンタルしてきたり放送を録画したりするのが
どーにもこーにもめんどくさい。
どこまでモノグサなんでしょーか、ワタクシは。
ヽ(`◇´#)ノ ソレデイイノカ?!

それで#『ラブ・アクチュアリー』に続いて
棚の奥から引っ張り出してみましょう、観ましょう!
の、第2弾。わぉ!


この映画、すごくありきたりなんですよ。
こんなこと言ったらイケナイんだけど、でも…
やっぱりありがちな設定とストーリー。

だって主人公のアマンダ♀ったら、
田舎からNYへ出てきたんだけど 誰かと付き合う度にスグ惚れ込んじゃって そしたらお約束のように恋人の♂が他の♀と浮気して 別れるハメになって 「もー、♂なんて400万人もいるってゆーのに、どーして私にはたった1人のまともな恋人さえもできないの?」 なんてグチってしまうんだもの。
そのうえ彼女の仕事は メトロポリタン美術館の絵画修復で 今は 見たら膝が抜けちゃうくらいに愛情の注ぎ込まれているティッチアーノの名作に取りかかってるんだけど なんといってもその職場には 3人のベテランおばあちゃんと1人のレズビアン(全員修復員)の同僚がいるだけだし 上司はおじいちゃんだし 恋人候補の存在なんてまるでナシ。
そしたらある日「Mr.完璧くん」に出会っちゃって なんだかんだと巻き込まれちゃって あらあらむふふ。
みたいな感じなんですもん。

ね、ありきたりなありがちでお約束な王道でしょー?


で、なんでワタクシがそーゆう映画を
思い出したときには引っ張り出して何度か観ているのか
とゆーとですね。

やっぱりおもしろいからーっ!!(* ̄m ̄)

いえね、ドンデン返しがおもしろいとか、
『メリーに首ったけ』の原作者だからとか、
ヒッチコックの『裏窓』にオマージュを捧げてるとか、
これ↑は今初めてしりましたけど…。
そーゆーことではなくて、

アマンダが恋人と別れて新しく探した部屋の同居人たち、
モデル4人組がおもしろいんですよー。
それだけのために観て、その度に元気をもらっています!

CAST:
アマンダ(モニカ・ポッター
ジム(フレディ・プリンゼJr


ちなみにこのジャケット↑、不思議です。
一番イイ味を出していたモデル役のイワナ・ミルセヴィッチ
表紙からハズされているんです!
なぜ?なぜなのか?!もしかして…
あまりにくだらない映画に出演したことを後悔しまくっていて
自分の映画出演作品リストから消し去りたいくらいだとか??
うーむ。わかる。わかるよ、イワナちゃん…
( ̄ー ̄; タラー。

まぁ、その、こんなクダラナイ想像をしてしまうくらいの、
そんな映画なんですが、
ワタクシまたしても元気をもらってしまいましたー!





タグ:恋愛 ♪♪
posted by MOW at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73006633

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。