2005年09月28日

ゾッとする…ローズとフランクの鬩ぎ合い。

「救命士」ジョー・コネリー  ♪♪

観光でちょっと立ち寄るくらいじゃ全然見えてこない、
本物のNYを体感ーっ!

実際に9年間もの間、NYで救急救命士だった著者が
実体験をもとにして描き上げたストーリーは…

まるでホントに
救急車へ乗ってる気分にさせられちゃうぅ。

主人公のフランク・ピアスは
今ちょっと参ってるんだけど、
彼だってちょっと前までは
この仕事に生き甲斐感じてたんだよぅ…

それが
黄色いレインコート着た女の子と出逢ってから
変わっちゃった。

ニコラス・ケイジ主演で映画にもなってるから、
内容知ってる人も多いかなー?

それにしても大変っ!!

人の生死を分ける瞬間に、
しかも緊急で立ち向かわなきゃいけないんだもん
ストレスなんてもんじゃないよぉ
(じゃぁ何?って言われても分かんないけどっ)



話はバークさんの家に行った所から始まるのです。

がっ!
「始めっから こんな なのー?!」
「これが毎日続くんだねぇ、救命士は…」
なんて考えちゃう。

今度は患者を助けることができるのか、
また患者を助けることができないのか。

このまま続けるか、
もう辞めちゃうか。

2者択一の世界で仕事をしてる主人公は、
限界寸前(もう過ぎてる?!)
折り合いを付けることは出来るんでしょうかぁ!


合間合間にちょっとしたエピソードが挟まれてるけど
これは作者さんの実体験なのかな。
実際に体験しないと思いつかないんじゃないか
と思うくらいの話なんだけど…
コワーッッ!!

あ、それと。
ワタクシだけかもしれないんですけど
文章に慣れるまで 少しの間 読みづらかったです(^^;)
もともとそーゆー文章なのか
救命士の言葉っぽくするためなのか
実際のところは分かりませんがちょっとつらかった…。

もうひとつ。
物語の始まりから、
主人公は精神的に参っちゃってます!
そこから徐々に 展開してくんですけど
いきなりどん底から始まるのは、
ワタクシやられちゃいました!

こんな理由で、最初だけ読むのが大変でしたぁ。

慣れちゃえば 逆に
臨場感とかスピード感に変わっちゃいますから
ご安心をー!





タグ:苦悩 ♪♪
posted by MOW at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。