2005年10月08日

どうにも止まらない…貞子と共犯者。

「らせん」鈴木光司  ♪♪♪

とうとうこの本について書くときが来てしまった…
「リング」に続く2作目、「らせん」でございます。

一応続きものってゆうことなので、
まだ読んでない方は #1作目「リング」の記事をお先にどうぞーっ。

なんだかんだいっても ちゃぁんと独立してるので
どっちから読んでも分かりますけど、
でも やっぱり 「リング」が先かなぁ、ワタクシ的には。


それはそうと、この本、随分前に読んだんですけど、
今日 読み返してみたんですよ。

そしたら 思ってた通り 冒頭から引き込まれましたっ。
情景描写、心理描写、ワタクシにピッタリマッチしてます。
まるで 目の前で進む現実を 眺めているような…ビクッ!


解剖医の安藤と 哲学講師の高山との対話は
息を飲むものがあります。

もちろん高山は とっくにアレなんですけども。
(「リング」を読んでね)

例のビデオテープの行方は?

新聞の切れ端が意味するもの
血管をふさぐ肉腫の存在
高野舞の存在理由の変化

血液から判明した 塩基配列
発見したフロッピーディスク
突然変異で現れたウィルス

文書化されていく「リング」
映画化されていく「リング」

そして彼女からのメッセージ

破竹の勢いで進化を遂げていく この謎に
果たして人間ごときが食らいついていけるの?
イタチゴッコにすら ならないような…うぅ。

正直 この作品は「ホラー」ってゆう括りじゃない気がする。
ただ単純に「キャーッ、怖い!」ってゆう感覚じゃない。
あいや、怖くないって言ってるんじゃないですよ、違うって。

これが「鈴木光司」ってゆう感じ。

山村貞子個人の恐怖感は 既に薄れていってて、
それはもう手に負えないくらいに増殖していってる。

それにこの物語は、医学解読に焦点がいってるから
謎解きみたいな感覚が 大きい かも。かも。
あいや、怖くないって言ってるんじゃないですよ、違うって。

読んでるだけで コワーッ ってなるんじゃなくって、
読みながら いろいろ考えると もの凄く恐いんです。
この世界の危うさや絶望…

こういったものを考えさせられてしまいます。






posted by MOW at 18:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
鈴木作品、おもしろいですね。
とくに、この本のシリーズが
鈴木作品に出会った最初の本なんです。

怖さよりも、文章だけで
こんなにも世界を広く深く掘り下げて
描くことができるんだなぁ
ということに感動した覚えが
あります。

とっても楽しそうな「M's BOOKcaSe」
また、遊びに来させてください。
よろしくお願いいたします。


Posted by Thumb at 2005年11月30日 02:12
Thumbさん、ありがとうございますーっ!
ワタクシもこのシリーズで鈴木さんを知ったんですよ。いいですよねぇ。
Thumbさんの『マトリックス的世界』って納得です。
ただ…個人的に「ループ」がちょっと苦手だったのが残念なんですけども。
でもでも。これからも読んでいきたいなーって思わせてくれますよね!
今また覗きに行っちゃいました。コメント返して頂いてありがとうございました。ちょっと恐縮しちゃいましたけど
こちらこそぜひぜひこれからもよろしくおねがいします!
Posted by MOW at 2005年11月30日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7880285

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。