2008年01月21日

『その日のまえに』重松清

♪♪
久しぶりに重松さんを読んでみました。
いったいいつ頃から読んでなかったんだろう?
と思って調べてみたら、今年の3月以来でした。
そうだ、そうだ。あの時は自転車だった…
また思い出してしまいましたよ、自分の過去を。
「なんの話だ、ソレは?」と思った方は、#こちら

重松さんというとアレなんですよ。
感情が、少しばかり低いところを漂うんですよ。
中くらいでもなくて、どん底でもなくて、ちょっと低い。
ちょっとだけ低いところから、
ホワンとすることもあれば、グワンとなったりもする。
するんだけれど、やっぱり基本は少しだけ低い感じ。

そんな感じは日常にたぶんゴロゴロしてるワケで
分かりすぎるくらい分かっちゃうことが多いから、
逆に読む時期を慎重に選んでしまうワタクシがいる。


「ひこうき雲」
ガンリュウというアダ名の女の子が入院した。
僕が小学生の頃の話。
彼女は深緑色のHBの鉛筆をクラスメイトに残して
僕達の教室へ帰ってくることはなかった。

「朝日のあたる家」
夫の昌史が亡くなってから8年。
娘と二人暮らしてきたマンションには朝日が差す。
今朝もその家に向かって、ジョギングから戻る。
1日が始まる朝日。1日が始まってしまう、朝日。

「潮騒」
晩年…こんな言葉をこの年で意識することになるとは。
小学生の頃、2年間だけ住んだあの街へ、
足が向く。電車に揺られる。 なぜだろう。
オカちゃんが居なくなったあの海へ、行くだろう。

「ヒア・カムズ・ザ・サン」
最近母ちゃんの機嫌がやけに素晴らしい。
15年間女手一つで俺を育ててきた挙げ句、
ストリート・ミュージシャンに入れ上げてる。
ところでなんで家庭の医学にシオリが挟まってんの?

「その日のまえに」
僕の妻は今日、とても上機嫌に見える。
この日を逃すことなく
僕達は共に歩みだしたあの街へ向かう。
駅長くんのいた、あの街へ。

「その日」
僕の妻は今、病院にいる。
僕にはもう、それが日常だ。
今日、僕は妻との約束を破ろうと思う。
妻と、2人の子供たちのために。

「その日のあとで」
あれからしばらく経って、僕は思う。
こんな自分でも、生きていくコツを掴むのかな、と。
3か月が経った頃に看護士の山本さんがやってきた。
今でも僕達家族の中には…。

その日のまえに
その日のまえに モバイルの方はコチラ



やっぱり…。
やっぱり泣いちゃった。(T^T) グスン。

『その日のまえに』のその日ってどの日さ。あの日か?
なんて思いながら本を開いて、
色んな人のそれぞれの「その日」が詰まってる短編か。
とスグに察することができたし、
そうかそうか、それならそれなりの覚悟で読むからさ!
とか強がってはいたんですけど。
いたんですけど、泣いちゃった。(T▽T) グスン。

涙は出たけど、どん底ではないところがミソ(?)。

最終的に連作短編っぽく仕上げたような気もするけど
書いてるときは違ったんだよね、重松さん
と聞いてみたくなる短編集でした♪







posted by MOW at 23:40 | Comment(2) | TrackBack(1) | 読書
この記事へのコメント
こんちは★
また来ちゃいました、つたまるです(* ̄∇ ̄*)

あたしも以前読んだことあるのでトラバさせていただきました♪
無事、届いたでしょうか??

2006年の読書感想文の指定図書だったんですよ( ̄▽ ̄)σ
だから、というのも変だけど、
考えさせられる短編集でしたね。
人間誰しも死ぬんだし。
誰かを見取るんだし。

個人的に、
学生の優秀感想文も読んでみたいです♪
(〃∇〃) てれっ☆


ついしん。
読書ブログとは別に、
『つたまる喫茶店』というHPを持ってます。
http://www.sky.icn-tv.ne.jp/~tutamaru/
こちらの、「つたまる詞集」に
なんちゃって自由律俳句集も載せてます。。。
もしよかったら、チラ見でもしてってくださいませ〜★
(〃∇〃) てれっ☆
Posted by つたまる at 2008年01月22日 03:46
つたまるさん、こんにちは!
TBはちゃんと届いてました。
返信が遅れてしまってすみませんです。

へぇ、読書感想文の?!
そういえば以前何かで聞いたような気が…(曖昧)
自分の学生時代を思い返してみると
この本で感想文を書くことは難しいなぁ。
さらっと読めちゃうけど、考え始めたらキリがない世界って感じで。

つたまるさんはいろいろやってらっしゃるんですね!
これから覗きに伺います。(⌒ー⌒)
Posted by MOW at 2008年01月24日 16:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『その日のまえに』 重松清
Excerpt: 。 こちら 。 今年の読書感想文の指定図書です。 ですが、あたしはタイトルだけ見て、 「今
Weblog: ☆★☆また楽しからずや!★☆★
Tracked: 2008-01-22 03:39
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。