2008年01月25日

『椰子・椰子』川上弘美

♪♪
「あぁ、どうしてこんなときにっ!!」

あの人が困っている。
大切なあの人が、危機に瀕している。

ワタクシはクリスマス・ケーキを手に走っていた。
ほんのりビターな味わいの楕円形のチョコ・プレートには
やさしい甘美を感じられるはずのホワイトチョコレートで
力強く「10マン円」と書かれている。
本当に、力強く。

「お願い!もう少しだけ待って!!」

遠い四国の南西の街へ向かって走っているワタクシは
頭の中で微笑んでいる恵比寿様に向かって願い、叫ぶ。

こんな時のために密かに用意しておいたスニーカーは
期待を裏切って亀へと変貌を遂げようとしているのだ。
まだまだあの街までは距離があるのに。

「陸亀なんかじゃ海を飛び越えられない!」

今、足元が2匹の亀になってしまったら、終わりだ。
大切な人が人生をかけて待ち焦がれている10マン円のケーキ。
これを届けられるのはワタクシしかいないのだから…。



眠れずに何日間かを過ごしたあと
罪悪感に充ち満ちた浅い眠りの中で
ワタクシはそんな夢を見た。


椰子・椰子 (新潮文庫)
椰子・椰子 (新潮文庫) モバイルの方はコチラ


あぁ。
川上さんの見る夢は、川上さんの紡ぐ物語は、
なんて居心地が良いんだろう。

妊娠中のもぐらと写真撮影をしたり
殿様が町内会費を集めにやって来たり
ベランダに住み着いた鳥と恋愛談義したり。

突然やって来る不思議な出来事や災難も
受け入れられる人間に、ワタクシもなりたい。


ほんわかするつもりで読み始めた『椰子・椰子』の世界は
もう少しで手が届きそうだった。



それにしてもあの夢。
顔も知らない大切な大切な人へ
ワタクシはちゃんと届けることが出来たんだろうか。
途中で目が覚めちゃったけれど。


眠れぬ夜の更新は
なんだか特別な気分。(ノ・_-) テヘヘ。







posted by MOW at 05:03 | Comment(4) | TrackBack(2) | 読書
この記事へのコメント
こんばんはー。

うまく眠れないときってどうしてみた夢をはっきりとおぼえているんでしょうかね。いい夢のときはいいけど、がばっ!って起きちゃうような夢の時は一日憂鬱になっちゃいますね。

それにしても10マン円のケーキなら甘いものきらいなぼくでも食べてみたいなぁ・・・(笑)

TBおくったのだけれど、うまく送れないみたい(´Д⊂グスン
Posted by kbb at 2008年01月25日 20:17
「椰子・椰子」
おもろいですよね〜(* ̄∇ ̄*)
川上弘美作品は、
まだ『はじめての文学 川上弘美』しか読んでないのだけれど、
そこに「椰子・椰子」が収録されてました♪



追伸。
リンクさせていただきました(。-_-。)ポッ
Posted by つたまる at 2008年01月26日 01:50
kbbさん、こんばんは。
ほんとそうですよね!
見ているはずの夢をほとんど覚えてないので
たまにこーいったことがあると新鮮というか衝撃というか…
それにしてもなんでこの時期にクリスマス・ケーキだったのか?
ナゾです。( ̄∀ ̄*)
10マン円のケーキはどんな味なんでしょうね。
ちょっとくらい舐めておけば良かった!!

TB届いてました。表示されるまで時間がかかるのかしら。
いつもありがとうございます!(⌒ー⌒)
Posted by MOW at 2008年01月26日 21:15
つたまるさん、こんばんは。
川上さんはおもしろいですよね。
良い意味で違う世界に住んでいらっしゃるような、
そんな気がしてならないワタクシです。
ホント、良い意味で、ですよ?(2回目)
初めての文学シリーズは気になっていたんですけれど
「良い所取りをしてしまったら勿体ないかも?」
とゆー貧乏人根性を最大限に発揮してしまって、
未だにチャレンジ出来ずにいます。うー。

こちらからもこれからTBにうかがいまーす!

Posted by MOW at 2008年01月26日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80478938

この記事へのトラックバック

椰子・椰子-川上弘美
Excerpt: 「椰子・椰子」 川上弘美 こんにちは。最近地下のお店なのに携帯電話がつながるお店が増えていやになっちゃいますよね。わざわざ携帯が入りにくいように地下のお店を選んでデートしているのに、携帯電話に邪魔な..
Weblog: あれやこれや
Tracked: 2008-01-25 20:13

『はじめての文学 川上弘美』 文藝春秋
Excerpt: 。 こちら 。 ハイ、『またタノ』ではお馴染みとなりつつある 『はじめての文学』シリーズで
Weblog: ☆★☆また楽しからずや!★☆★
Tracked: 2008-01-26 01:45
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。