2005年10月17日

映画「世界の中心で、愛をさけぶ」

♪♪
この前TVでノーカット版放送してたんだよねぇ。
それで ついでにとっちゃいました、
「セカチュー」
他の録画があったから…ついついね。

去年の5月8日からの上映で、
すーんごい話題になってて、
CMなんかも バンバンで、
観て泣かなきゃ人じゃない、
みたいな…

ワタクシ そーゆーの苦手なんですよぉ。
だって、泣けなかったら 感動しなかったら
「人並みの感情 持ってないのかな…?!」
なーんて、
自分で自分に対して疑心暗鬼になっちゃいそうでしょ?
そんなこと考えるのは  それこそワタクシだけ?

映画とか本とかで 心動かされるのが好きな理由は、
そんなことろにあるのかもしれませんです、はい。
「あぁ、まだ人間でいられるんだ」ってゆう確認。

なにを隠そう
映画「ゴースト NYの幻」
がつまらなかった過去が。

この時はタイヘンでしたよー。
勧めてくれた友達に、
「人間じゃないっ!」とまで言われてしまって…
なに気にショックでした。
あんなことは二度とゴメンだっ。



話、逸れちゃいましたね。スイマセン…へへ。

それで録画した「セカチュー」ですが。
録画して手元にあるにも関わらず、
観る勇気が湧いてこない…

「あぁ!どうしてくれようか。このテープ他で使うのに」
なんて焦ってるときにオジャマしたブログで、
感想が書いてあったんです。
偶然っ。
その記事を読んで、観てみる気になりました。
チャレーンジッ!


いやぁ、観て良かったですよ、もうっ!
こんなことなら、ドラマも観とけば良かったし、原作も読めば良かったしっ。
なーんだ、心配して損したぁ。

Ducaさんのお陰です、ありがとうございます!



17歳の朔[森山未来]と亜紀[長澤まさみ]が最初に話すシーン。
朔の「しょぉがねぇなぁっ!」っていうセリフが、心に残ってる。

このセリフ、スゴクいいなぁって思った。
それまでとこれからが全て詰まってるってゆう気がする。
こんなふうに感じた人は 他にもいるんでしょうか。

大人になった朔[大沢たかお]と律子[柴咲コウ]も好き。
柴咲コウって、イジワル顔だと思ってたんだけど
(ごめんなさい)
今回はそんな風にみえなかったなー。イイ子だなぁ
(強調!)

もしも まだ観てない人がいるんだったら、
「意外に良かったよ。観てイイと思うよ」
って言える。
そんな映画でした。

そっか、原作読んでみるのも楽しいかもしれないな。
原作と映画では違うらしいしっ。

そうそう、この映画の大人の2人の話は「指先の花 律子の物語」が元だそうで
こっちも読めば更に楽しいかも。



追記:
あぁ!イケナイっ。
「涙が出るかチャレンジ」したのに、そのことに触れるのを忘れてた!
泣きました。
何かを耐えるように むせび泣きました。





タグ:恋愛 ♪♪
posted by MOW at 08:41 | Comment(3) | TrackBack(3) | 娯楽
この記事へのコメント
コメント&トラックバックありがとうございました。こちらからもトラバさせてもらいました〜。

ねっ、ねっ、意外によかったでしょ〜♪
私も去年、この映画のCM(客席で涙を流す女性、なぜかカメラ目線)を見てなんかイヤな気分になってたんですよ。この映画見て泣かなかったら人として問題あるかのような雰囲気でまくりで。だから原作も読まなかったし、もちろん映画館にも足運ばなかったし・・・。でも、見てみると意外によくて。平井堅の「瞳をとじて」も去年飽きるほど聞いてたはずなのに、映画のエンディングに流れるこの曲が新鮮に聞こえたし。改めて「いい曲だなぁ」と思いました。

そういえば原作の本がベストセラーになったのって柴咲コウの言葉が帯になったのがひとつのきっかけだったんですよね。彼女はドラマのほうの主題歌も歌ってヒットしたし。「セカチュー」に縁があるんでしょうね。私は彼女好きですよ。媚びてない感じが好きです。

ほんとよかった〜♪暇人Tさんが「セカチュー」気に入ってくれて。


Posted by Duca at 2005年10月17日 22:04
お久しぶりです〜。 そうなの、セカチューは、原作を先に読んだ人と映画から入った人と意見が別れてしまうのよ。 ちなみに私は原作から入ったほうで、親しい友人は映画から入った為、 お互いに 「こっちのほうがイイ!」となってしまった。  そもそも映画と小説では、作者さえ違うから。 もうね、全く別物としてココロ新たに向かうしか方法がないですね。
どちらも秀作だと思います。  映画を観る前に書いた9月6日のブログをTBさせて頂きました。   
Posted by tsukiko at 2005年10月18日 00:35
おはようございまーす!コメントとTBありがとうございます。やっぱり嬉しいですねぇ。それにお二人ともワタクシと同じで ブームに乗ってなかったお仲間 だなんて…嬉しすぎーっ!!“良い物は良い”という教訓を得たワタクシですが、これからもあんまり変わらないかもなぁ。

>Ducaさん
良かったですよぉ。観て良かった!録画後半月も悩んでたのが嘘の様です。そのCM覚えてます。アレは止めて欲しいですよねぇ、ホント。プレッシャーを与えないで欲しい…。平井堅君の曲は最近また聴き返したりしてて、やっぱり好きです。柴咲さんの話は〈顔だけ〉ですよ〜。喋り方とか結構好きで、可愛いですよねぇ。

>tsukikoさん
ご無沙汰です〜。tsukikoさんは原作を読んだんですね、しかも片山さんと益子さんの両方!「指先の花」は映画のノベライズだったんですかっ。知らなかった…映画の原作かと思ってましたよー。
映画を観てしまった今、原作 VS 映画 の戦いに突入するのは避けられない状況ですね。これは苦しい戦いになりそうです。くぅ〜っ。
Posted by MOW at 2005年10月18日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8241995

この記事へのトラックバック

世界の中心で、愛をさけぶ
Excerpt: 世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション <2004年・日本> 監督:行定勲 主演:大沢たかお TBSで放送されたノーカット版を見ました。 片山恭一の書いた原作本は30..
Weblog: Book*port
Tracked: 2005-10-17 21:42

9月6日物語 : へそまがり
Excerpt: いまさら、とういうか今頃、 セカチューを読んでしまいました。 読んでしまいました、という言い方になってしまいました。 なぜでしょう。 騒がれすぎたからでしょうね。  騒がれすぎると、手を出しづら..
Weblog: 株も読書も恋人も
Tracked: 2005-10-18 00:40

「世界の中心で、愛をさけぶ」を観ました。
Excerpt: いまさらですが、「世界の中心で、愛を叫ぶ」を観ました。 ちなみのこのプログの表題
Weblog: この世の果てでこっそり愛を唄う
Tracked: 2005-10-21 02:56
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。