2008年02月13日

『さくら』西加奈子

♪♪
女の子だな。

この本は、女の子だ。


本を読んでいると時々こんな風に思うことがある。
著者や主人公とは関係なしに、
本そのものの性別を読み始めてスグ感じることがある。


大学生になって一人暮らしをしている僕は
年末年始を実家で過ごす事に決めた。
一緒に過ごす約束をしていた彼女には悪いけど
サクラに会いたくて仕方なくなってしまったし。
なにしろ父さんからの手紙がポストに入っていたし。

僕は向かった。
母さんと妹のいる、あの家へ。
父さんが帰ってくる、あの家へ。

さくら (小学館文庫 に 17-2)
さくら (小学館文庫 に 17-2) モバイルの方はコチラ


主人公薫くん♂の語りで進むこの小説は
ワタクシにとって初めから女の子だった。
別に普通の大学生だし、恋人もいる男の子なのに。

もしかしたら一つ上のお兄ちゃんへの眼差しが
読んでいるワタクシにそう思わせたのかもしれない。

兄を持つ人にとっては普通の事なのかな。
ましてやそれが、各所で伝説を創ってしまうほどの
素晴らしく眩しいお兄ちゃんであったなら、尚更。


最後まで気になっていたのは
題や章立ての所の手書き文字。
ちょっと右肩上がりの明らかに男の字を書く、
父さんではないし。
やっぱりお兄ちゃんの字かな。
お兄ちゃんの字を妹が真似て書いたのかもしれない。

あとね。
マグカップでココアを飲んだあと、
底に溜まってるヤツを指ですくって舐めますか?
物語の一家、長谷川家では舐めるみたい。
でもワタクシは未経験なんですよ。
大抵はきちんと溶けているので、
今までそんな必要がなかった…。


それにしてもサクラ(ブチの雌犬)は愛らしい。

♪♪と♪♪♪の中間くらいの気分なんですが、
どっしりとした世界がパワフルな作品でした!






posted by MOW at 23:04 | Comment(4) | TrackBack(1) | 読書
この記事へのコメント
おはようございます。

兄貴なんていらない、なんて思っちゃうのはうちだけですかね(笑)

本にも性別があるんですかね。そういうくくりでいくと、僕が好きな本は女の子って気がなだかしてきました。
Posted by kbb at 2008年02月14日 07:33
こんばんは、kbbさん。
そうですか、いらないですか、兄は。
やっぱり家庭によってイロイロな事情が…(* ̄m ̄)
ワタクシ的には「どっちでも」みたいな感じです。

うなずいちゃいましたよー!
確かにkbbさんの読む本は女の子な感じがしますね。
んもー、好きなんだからぁ。(//▽//)
Posted by MOW at 2008年02月14日 19:45
こんばんは。
素敵な本を読んだ気がします。

兄貴も欲しくなりましたが、妹も欲しい。
むしろ犬がいい。

そんな風に思っちゃいました。
女の子の本っていう感想に大賛成です。愛情のそそぎかた、そのまなざしが女性的だったのかもしれませんね。
Posted by kbb at 2008年04月23日 21:47
こんばんはです。
今すごくホッとしちゃいました。
気に入ってもらえて良かった…。ε=( ̄。 ̄;)
いつまでたっても人の感想が気になる小心者です。(笑)

やっぱりこの本、女の子でしたか!
そうでしょ、そうでしょ。(また一安心。)
「むしろ犬」にうなづいてしまいましたよ。
たしかに、犬の方が。ぷ。
Posted by MOW at 2008年04月24日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83900760

この記事へのトラックバック

「さくら」
Excerpt: この記事で小説カテゴリーが通算50記事になります。 節目の50記事目でご紹介するのは、「さくら」(著:西加奈子)です。 -----内容----- ヒーローだった兄ちゃんは、二十歳四ヶ月で死んだ。 超..
Weblog: 読書日和
Tracked: 2008-02-27 19:14
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。