2008年02月16日

『チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』塩野七生

♪♪
#先日に引き続き、借り本の登場です。
( ̄‥ ̄)=3 ビンボウニンメ!!

えー。だって貸してくれるってゆーんだもん。
借りない訳ないじゃないですか。
それに読む本をいつも自分で選んだりしてると
なんとなくつまらないような気もするし。
( ̄へ ̄||| メンドウナノ?


チェーザレ・ボルジア:
1475-1507
イタリア
ルネサンス
アレッサンドロ六世の愛人の息子
枢機卿返上
教皇軍司令官
ロマーニャ公爵
妻一人、娘一人

関連人物:
フランス王ルイ十二世
レオナルド・ダ・ヴィンチ
マキアヴェッリ

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷
チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 モバイルの方はコチラ


聖職に就いていた父と、愛人の母。
よくあることではあったけれど、
父ロドリーゴが法王へ選出され
アレッサンドロ六世となった。

チェーザレはその辺りから変わっていったのだろうか。
教会最高権力者となった父の側に枢機卿として生きることで
軍事力での征服による権力者の道へ、
その頭脳を使い始めることになったのだろうか。

なにしろ教会の世界では
庶子である自分が頂点に登り詰める可能性は皆無なのだから。


フィレンツェ共和国からの使者マキアヴェッリが
自らの言葉を多く残しているのに比べて、
この本の主人公チェーザレの心情を窺うことの出来る書物は
ほとんど存在しないらしい。

悪い話も沢山あるみたいだけれど
塩野さんのこの本では、魅力的な人物に描かれていました。
「塩野さんってば、チェーザレに惚れてるな?(*´∇`*)」
とゆー感じ。
(//▽//) キャッ。

本人の言葉が残されていない分、
良い方にも悪い方にも夢は広がるものかもしれませんね。
ワタクシが読んだ限りでは、
「魅力的に描かれてるけれどもホントのところどーなの?」
とゆー感じ。
( ̄◇ ̄;) エッ。
でもそんな我が儘は欲張りすぎですよね?!


どうしてもお伝えしておきたいことが。
タイトルが絶妙なんです!
塩野さんが描き出したかった主人公の姿は
『チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷』
にピタリと収まっていたので、読後にビックリ!

やっぱり作家さんは違うなぁ…( ̄∀ ̄*)





タグ:♪♪ 歴史
posted by MOW at 20:54 | Comment(2) | TrackBack(2) | 読書
この記事へのコメント
チェーザレは、多分に脚色されているのでしょうけど
塩野作品は、歴史の勉強になりますよね〜(^v^)
この作品を原作に、宝塚のミュージカルがあるらしいのですが
それが、ヅカファンではない人が見ると
結構笑える?のだそうですよ。
Posted by ベリー at 2008年02月17日 16:19
ベリーさん、こんばんは。
そうですねぇ、勉強になりますよね。
学校の授業で出てきたのかどうか全く覚えてないけど
こうやって物語として読むと面白いです。
てゆーかミュージカル化されてたなんて!!(* ̄0 ̄*)
でもなんで笑えるの?気になる…。
宝塚観てないなぁー。レビューとか凄いですよね!
Posted by MOW at 2008年02月18日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/84317002

この記事へのトラックバック

チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷
Excerpt: ルネサンス真っ只中の15世紀末から16世紀初にかけて、 イタリア半島統一の野望に燃えた一人の青年の生涯を描きます、 塩野七生「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」です。 主人公はチェ..
Weblog: 雑読日記
Tracked: 2009-01-27 21:21

『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』
Excerpt: チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫)塩野 七生 by G-Tools 塩野七生。 マキャヴェリの「君主論」のモデルとなったチェー
Weblog: 月の歴史講座
Tracked: 2010-08-29 12:41
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。