2005年10月23日

月子さんが《センセイの鞄》を覗き込んだ時…

「センセイの鞄」川上弘美  ♪♪♪

月子さんみたいな人、好きっ。
センセイみたいな人、好きっ。
前々から 読みたいと思ってたんだよねぇ、この物語をっ!

むかぁしむかし、我が家はWOWOW加入しておりました。
そしてその年、「センセイの鞄」というドラマが始まりましたとさ。
おしまい。

そう、これだけの記憶なんですけどっ。
でもその時の 小泉今日子がとってもシックリしてる気がして…
あの振る舞い とってもイイ感じの人間を演じている気がして…
それでいままで ずーっと記憶の片隅にあったこのタイトル。


「じゃぁ そのドラマは観たのか?」って聞かれたらどうしよう。
いやぁ、誰でも絶対そう思うだろうなー。
観てません(断言)。^^;

「なんで?!」って聞かれたらどうしよう。
いやぁ、誰でも絶対そう思うだろうなー…
センセイ役の柄本明さんが シックリとこなかったんです。

内容とか知らなかったけど、
「なんだか違うなぁ」って感じて、キャンセルしました。
ごく個人的な感想なので批判をお許しください、柄本ファンの方々!
それでもこの物語が醸し出す雰囲気みたいなのが印象深くって
ずーっと ずーっと気になってたんですーっ!


センセイのツイード地の背広上下
恋愛に筋を通そうとする大町月子

酔ってスリを楽しむセンセイ
あの島へ付いていく月子さん

ちょっとグズ(?)なセンセイ
ずいぶん子供(?)な月子さん

なにって特別なこともない
けどいつもがとっても大切

サトルさんの店で 逢瀬 を重ねるお二人は、
ちょっと見だけなら 変な組み合わせかもしれない。
いろんなトコへ 出かけてしまう お二人は、
自然な流れに身をまかせている 羨ましい人たち。

やっぱり年齢の差って関係ないのかなーっ?!
すんごく羨ましいんですもん、この二人っ!!
いつかはこんな風に分かり合える人と出会うことを夢見て…
今夜は 幸せな夢を 観られそうです。(^^)

「袖振りあうも多生の縁」
この言葉の意味、知ってました?
へぇー、って感心しちゃいました。
さすが、国語のセンセイ!!

いつまでも忘れられそうにない この物語は…
♪♪から♪♪♪へ変更ですっ。(2005.11.18)





タグ:恋愛 ♪♪♪
posted by MOW at 10:00 | Comment(4) | TrackBack(2) | 読書
この記事へのコメント
こんばんわ。
私もこの本好きです!!
読み終わって胸がキュンとしました。

ドラマではキョンキョンと柄本明さんでやってたんですよね。
知ってたけど私はWOWOWに入っていないので見れませんでした・・・。
キョンキョンはまだ分かるけど、センセイが柄本さんは違うような気がします。

川上弘美さんは好きな作家なのでけっこう読んでいるのですが「神様」も好きな1冊です。まだ読んでいなければぜひぜひ。

ブログのタイトルとお名前変わっていて、ちょっとびっくりしました。素敵にリニューアルされましたね。MOWさんかぁ♪某アイスクリームを思い出してしまいました。

「IT」読んでるんですね〜。4冊もあるから長いけど、きっと面白いから気にならないかもしれませんね。感想楽しみにしてます。

Posted by Duca at 2005年10月26日 22:22
Ducaさん、こんばんはー!
ビックリさせちゃいましたね。「IT」を読み終わってから報告に行こうかなって思ってたんですよぉ。記事の両側に色々ある形に憧れもあって…思い切って変えちゃいました!へへへ。
川上さんの作品を初めて読んだんですけど、良いですねぇ。また読みたいと思ってたから「神様」教えてもらえて嬉しいですっ。ありがと♪
そうなんですよ、アイスクリームのMOWが出たときは驚きました!!もっと前からこのアダ名で呼ばれてたりしてたのでぇ…でも変なアダ名だと思ってたから、仲間が出来たみたいで嬉しかったなぁ。(^^)
「IT」、もうすぐ2巻に突入ですよー。
Posted by MOW at 2005年10月26日 23:26
しばらく前の本なのに今頃コメントしてごめんなさい。
これは・・よかった。 ひじょうによかった。
しかし、わたしと同じ名前のつきこさんなので、自分のブログにどう書こうかと悩んでおります。
MOWさんは独身さんなのね、今日これを読んで気付きました。 お若いだろうなとは思っていましたが。 ずっと年上のわたしのブログに遊びにきていただいてるなんてあらてめて嬉しく思いました。
多生の縁の人が現れる日が楽しみですね、MOWさん。
Posted by tsukiko at 2005年11月16日 01:40
tsukikoさん、おはようございますっ。読書家なtsukikoさんのコメント、とっても嬉しいんですよ。
この物語、やっぱり良いですよねー!読後にもずっと心に残ってて、♪♪じゃ足りないなぁ、なんて今頃感じてます。
同じ名前…実は気付いてました。読みながら、月子さんとtsukikoさんがチョットずつ重なっていっちゃいました。勝手に妄想膨らませてごめんなさい。^^;
バレちゃいましたねぇ、独身っ。多生の縁を心待ちですよっ。それにこの意味を覚えてなかった程に勉強も読書もしてなかったんだと思うと、失敗でした。これから、これから。
年はもう若くはないので、ちょっと詐欺かもしれません。あえて公表はしないでおきますけども。おほほ。
Posted by MOW at 2005年11月16日 09:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

11月16日物語 : つきこさんのツキコさん
Excerpt: 建物を出ると、 同時に空を見上げた。 生まれ始めた夜の中、 東の空の雲が一ヶ所だけぼんやりと明るい。 つきこさん。 はい。 ぼんやりと明るい雲に目をやったまま呼びかけるので、 私も同じ空を..
Weblog: 株も読書も恋人も
Tracked: 2005-11-18 18:50

センセイの鞄 川上弘美
Excerpt: センセイの鞄 ■やぎっちょ書評 突然ですが、 「カバン」と「くつ」の感じを混同せずに書けますか・・・?    いいえ、かけません! 鞄と靴でしょ。 カバンの鞄というのが曲者で、カバ..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-08-28 23:59
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。