2005年10月30日

IT、27年前と現在。《3》

「IT 3」スティーヴン・キング  ♪♪♪

盛り上がってきましたぁー!!
すんごい のめり込みです!!
前作までは
「どうなの?!どうなの?!どうなっちゃうのー?!」
だったのが、3冊目では
「そうそう、そうだったっ。そうだったっ。そうだ!」
となっちゃいましたぁ。

「なんじゃ、そりゃ??」って思いますよね、
すみませーん。


ここまできて、やっと マイク が
7人目として加わった時のことが 出てきますっ。
マイクの出現は、
〈カチリと歯車が噛み合う〉ような感じで
〈これでみんなが 揃った〉と思うほど。
読んでるコッチも 「待ってましたぁ!」と意気揚々!

ここまでくると、もう他のことが考えられなかったりして…
 イラついたり、焦ったり、喜んだり、怒ったり、忙しい…
日常生活が ちょっとだけ ツライです。
1985年の7人と一緒になって
1958年の出来事を追っていけるから、
ワタクシ既に、〈カチリとはまった7人〉と一緒に行動してる気で、
勝手に 8人目 になっちゃってます。がはは。

友情と恋心
恐怖と憤慨
でもまぁ、どっちかというと まだ
恐怖よりも友情を強く感じちゃうかな。
この先、どうなっていくんでしょうか?

ワタクシ読んだことも観たこともないんですけど、
「スタンド・バイ・ミー」ってこんな感じなのでしょうか。
フト そんなことを考えてしまいました。

227ページにも書いてありますけど、
ITと相対する大いなる存在
これがなんなのか、ずーっと気になってます。
はたして コレについての説明が4冊目でされるものかどうか。
期待大ですよね造ー。

もう止まれない。
「ぜったいIT(アイツ)をやっつけてやる!!」
こんな気分っ。
今のワタクシは 誰にも止められないぃぃっ?!

これから再登場するであろう〈招かれざる客〉の3人が
どんな形で登場するのか、楽しみでございますよ。

「来たけりゃ 来いってんだぁ! 今度こそ終わらせてやるぅ!」
(もう…アクション映画をみたあとのようです。)





posted by MOW at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。