2008年03月19日

『猫はクロゼットに隠れる』リリアン・J・ブラウン

♪♪
なんだか最近急ピッチで読み進めているのが
このシャム猫ココシリーズなんですけども。
現在刊行されているものの半分くらいを
すでに消化してしまっているようですね。
もっとゆっくり楽しまなければ!!( ̄^ ̄;)

ということで、第15弾!


同僚が祖母から相続した屋敷。
クィララン♂は2匹の猫とともに
ひと冬を過ごすために引っ越した。

猫たちは気に入ったようだ。
なにしろ興味津々の造り付けクロゼットが
50近くもあるお屋敷なのだから。

そこから発見した文書を元にした
クィラランの一人芝居が喝采を浴びる中、
屋敷のかつての主人である老婦人の
自殺を知らせる連絡がカリフォルニアから入った。

ムース群では農夫が行方不明だし、
いったいどうしたことだろう。

シャム猫のココがクロゼットから持ち出す品々は
いったい何を意味するのだろう。

猫はクロゼットに隠れる
NOimage中2.jpg モバイルの方はコチラ


元新聞記者で現在コラムニストのクィラランと
シャム猫のココ♂とヤムヤム♀の行くところ…
相変わらず事件が起こってしまっていますYO!
疫病神か?っていうくらいに。
( ̄▽ ̄;;) ホントダネ。

まぁそれはいいとして。( ̄□ ̄;) エェッ?!


クィラランの昔からの親友で、現在「ムース群なんとか」という新聞社の発行人兼主筆のアーチ・ライカ♂が、同新聞のフード・ライターであるミルドレッド・ハンステーブル♀と結婚することが決まりました!!
ヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノワーイ♪
いやぁ、めでたい、めでたい。うん、おめでたい。

でもそれを「親しい友人の図書館館長ポリー♀」に
クィラランが伝えたときの会話は、こう↓なんです。

ク「アーチは二組で結婚式をあげようと提案しているよ」
ポ「その考えに反対してくれたことを祈ってるわ」
(ク:クィララン、ポ:ポリー。本文より抜粋)

ポリーのこの答えを聞いて安心してんだかしらないけれど、
クィラランってば肝心なところで鈍感力発揮というか…。 
「結婚する気はない」
と何度も公の場で発言している彼に向かって
「私たちも結婚しましょ」
とか彼女が言えるわけないじゃないですか。
そんなこと言ったら
「結婚という名の牢獄からは逃げるべし!」
という本能(?)に従って彼が逃げる可能性があるのに!
二人の関係が終わっちゃうかもしれないのに!

いや。
もしかしたらポリーから結婚の話を持ち出したりしないように
わざと伏線を張っているの?確信犯なの?
クィルなら十分にありえますよね。
(-""-;) ウムゥ。

実際のところ、ポリーの気持ちがどうなのかというところは記述がないので、本当に結婚する気がないのか、もしくは結婚に憧れてても言い出せないだけなのか、分からないんですけれども。 でも、本筋であるミステリの部分よりもそっちの方が気になって妄想が膨れまくりなんです。

リリアンさんのイケズ。(*/∇\*) アゥ。
(#先日に引き続き「イケズ」で締めてみる。)

ココシリーズ、記事はココにゃん。(=^・・^=)
#1『猫は手がかりを読む』#2『猫はソファをかじる』#3『猫はスイッチを入れる』#4『猫は殺しをかぎつける』#5『猫はブラームスを演奏する』#6『猫は郵便配達をする』#7『猫はシェイクスピアを知っている』#8『猫は糊をなめる』#9『猫は床下にもぐる』#10『猫は幽霊と話す』#11『猫はペントハウスに住む』#12『猫は鳥を見つめる』#13『猫は山をも動かす』#14『猫は留守番をする』#15『猫はクロゼットに隠れる』#16『猫は島へ渡る』#17『猫は汽笛を鳴らす』



posted by MOW at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。