2005年11月12日

《MISSING》。失うものは千差万別…

「MISSING」本多孝好  ♪♪

第16回小説推理新人賞を受賞した「眠りの海」(1994)
コレを含めて、5つの短編が収まってますっ!

最近って本屋さんに行くと、文庫平積みコーナーがあったりしてぇ。
やっぱり 秋 だし。
ついつい本の山をグルッと一周しちゃいませんか?

そんなことしちゃった日には、気になる表紙が目について…
「はいっ、ご購入ぅー!」
これは買って良かった…後悔なしっ。


なんだか不思議な後味なんですよー。
5つの作品の中で、それぞれに必ず死んじゃう人がいるんです。
タイトルからして「MISSING」だし。
それって普通は イヤな雰囲気ですよねぇ。
それでもナゼか やけにサッパリしてる(?)
…ホントなんで?

飄々とした男の人が 問題の本質を見抜いていくからかも?!
マジメに考えてなさそうで 実は理解してくれて
一見突き放してるようでも 心の中は優しくッて…
そんな人が登場するからかもしれないですねぇ。

かならずしも 自分や大勢の人たちが考えて信じてる事が
真実であるわけではないってゆーこと。
だからって真実を知らなくてもいいんだってゆーこと。
そんなことを教えられちゃった気がします。

ワタクシがスキだったのは、
「祈灯」
ちょっと泣きそうになっちゃいました。
大きなものを失った2人の女性
その2人の避けて通れない岐路
真由子さんが「ありがとう」って言ったとき、
泣きそうになっちゃいましたっ。

そうそう、「蝉の証」の中で
映画「ポルターガイスト」の例えが出てきましたー!!
ホラー映画なんだけど、ワタクシ観るたびに泣くんです。
怖くてじゃないですよ?!感動してですよっ!!
家族愛に関して深く言及された物語だと思っております。


だから この話の中で出てきたときには
「なんて素晴らしくて深い描写なんだぁっ!」(バカまるだし)
って嬉しくなっちゃいました。^^
本多さん、エライッ。

本多作品の記事はこちら!
#『ALONE TOGETHER』
#『MOMENT』




タグ:短編 ♪♪
posted by MOW at 10:27 | Comment(2) | TrackBack(1) | 読書
この記事へのコメント
こんばんはー。

TBしちゃいますねー。

映画ポルターガイストのシーンがでてきたなんて分からなかったです><、
というか、ポルターガイストはこわくて見たことないんですけどね;;

今年も一年ありがとうございました!

来年もよろしくね^^
Posted by kbb at 2007年12月30日 23:48
kbbさん、こんばんは!
なんですって?
ポルターガイストをスルーしたですって?
( ̄□ ̄;)ガーン

なんて、ウソですよー。
オススメ家族愛映画なんですけども、
ホラーですからねぇ…。あはは。

この本、読書開始初期に読んだんですが、
今読んだらちょっと物足りないかも…?
などと失礼なことを考えてます。

今年はkbbさんの復活もあったし良い一年でした!
こちらこそ来年もよろしくです(⌒ー⌒)
Posted by MOW at 2007年12月31日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

MISSING-本多孝好
Excerpt: 「MISSING」 本多孝好 こんにちは。本日二度目の更新です。年末なのに暇だなぁなんてつっこまないであげてください。といっても、昨日の忘年会の日本酒が抜けきって無くて頭が痛くてしょうがないので..
Weblog: あれやこれや
Tracked: 2007-12-30 23:49
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。