2008年04月11日

『ぬかるんでから』佐藤哲也

♪♪♪
どうしよう。
何を書いていいのか分からない。


何を書いていいのか分からない、と言いつつも
1度試しに書いてみました。

だけどダメだった…。
すべて削除。即刻削除。
<( ̄口 ̄||)> omg!!


立派な書評ブログを運営しているつもりはないので、
いつも通りタララリランと書いてもいいのだけれど、
それでは許容されないことに、気付いてしまったよ。



「ぬかるんでから」「春の訪れ」「とかげまいり」「記念樹」「無聊の猿」「やもりのかば」「巨人」「墓地中の道」「きりぎりす」「おしとんぼ」「祖父帰る」「つぼ」「夏の軍隊」(全13篇収録)

ぬかるんでから (文春文庫 さ 45-1)
ぬかるんでから (文春文庫 さ 45-1) モバイルの方はコチラ


官能的だと思う。

ぬめぬめとした言葉の世界に絡め取られ
不意に襲ってくる何者かの切先に傷つき
その全てが快感へと繋がり、脱力に至る。


「わたしの人生のあの瞬間、わたしは愛に満たされていて、世界は苦難に満たされていた。」(「記念樹」本文より)


音読すると、更なる吐息が漏れる。
(*´∇`*) アフゥ。


注:物語を読む行為に官能を感じただけで、官能小説ではありません。 残念でした あしからず。



posted by MOW at 21:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
MOWさんのクオリティーの高さにいつも感動しています。
私なんて、最近なんて全く脳みそを使わずに
書いている感覚です!ボーっと。
いけませんね、もっと吟味して言葉を選びます。
そんなに大してボキャブラリーないですけど(汗)
Posted by ベリー at 2008年04月12日 17:48
え?!ベリーさん、そんな…
ワタクシも申し訳ないくらいテキトーですよ。
書き直したことなんて今回も含めて2、3回くらいかも。
だってめんどくさいし。
マイペースでのんびりやってます。( ̄∀ ̄*)
それより最近漢字が思い出せないんです。
すごいショック。
Posted by MOW at 2008年04月13日 20:32
漢字を思い出せないくらい、なんてことありませんよ。

長男が、今年高校受験なのですが、
「お母さんが、漢字で書ける高校にしてね。」
と、頼んでます。
Posted by ふうたん at 2008年04月14日 17:45
あはは。
息子さんが入学した学校なら、どんなに難しくても覚えますよ!
大丈夫大丈夫。(⌒ー⌒)

この前「募」の最後の部分は「刀」か「力」かで悩みました。
はふー。
Posted by MOW at 2008年04月14日 20:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。