2005年11月15日

三十路デビューの《パーティーガール》!行き着く先は…

「パーティーガール」リンダ・ハワード  ♪♪

またまた読んでしまいました、リンダ・ハワードっ。
前回読んだときに ハーレクイン出身(?)って知って
未知の世界へ足を踏み入れてしまった」
ってビックリしたんですけどー…

面白ければそんなの関係ないよねーっ、ということで。

でもほら、そこはやっぱり…無用な危険をさけるために、
二見文庫の“ザ・ミステリ・コレクション
からの選出ですっ。
安心、安心。(なにが?!)


デイジーの生活は 34才の誕生日まで何事もなかった。
化粧もしない サエない服装 茶色の髪 家族と同居
本の虫 教会通い そして職業は…図書館司書っ!!
こんな生活を続けてた彼女は 今現在独身街道邁進中。

誕生日を境に、一大決心で 人生を賭けた変身を誓います。
それは…踊って 笑って 楽しい“パーティーガール”!
ご近所さんに美容コンサルタントを引き受けてもらって、

外見は上々、やる気も満々、三十路デビューでございます。

そんな彼女の まっすぐ正直、律儀な性格を、
町の外から赴任してきた ラッソ警察署長は
からかいまくり 楽しみまくり
ストレス解消、暇つぶし のネタにしちゃってますっ!

アメリカの大地にひっそり佇む町 ヒルズボロ。
のどかなはずの田舎町にも たまには事件が起こるもの。
デイジーの周りで 何かがうごめき始めていき…

いやぁー
この2人のやりとりは、ハッキリ言っておもしろいっ。
電車の中で読んでたんですけどー、
ワタクシ ニヤニヤしてしまいました。
恥ずかしかった^^;

読みながら こんなにニヤついていたのは
ひとえに 主人公2人のキャラクターによるものと思われます。
いいコンビだなぁー。夫婦漫才みたい。
それにとってもイキイキしてるんですよ、2人ともっ。

ミステリ・コレクションとはいえ、ワタクシの中では
エンターテインメントな作品かなぁ、ってゆー感じ。
訳者あとがき によると、この「パーティーガール」は
「Mr.パーフェクト」に続くロマンティック・コメディなんだってー。
あー、なんか分かる気がする。うん、うん。

じゃぁ、この物語を楽しんでしまったワタクシは
やっぱり「Mr.パーフェクト」も読まなくっちゃいけないのかな?!
OK、了解ですっ。喜んでっ!!





posted by MOW at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。