2008年05月17日

『ニューカレドニアで逢いましょう』ばっぷ

♪♪
そういえば#先日はちょっとマズイ発言をしたような。
「エコ・バックを購入しておきながらエコに使わない」
だなんて…あぁ、今どきそんなんじゃダメダメですね。
\(`O´;) ダメ、ダメッ!!

まぁでもホラその。
電気もムダには使ってない(と思う)し、
ゴミの分別はキチンとしてる(と思う)し、
つまりその…ごめんなさい。
( ̄∀ ̄*)アハ。


今から46億年前に誕生した地球。
それから36億年間かけて
Co2を減らし、オゾン層を作り、O2を増やした。

20年程前にはオゾンホールが発見された。
人類の祖先が誕生して以降、
これほどにCo2濃度の高い時代はないらしい。

人間が今、環境を破壊している。

ニューカレドニアで逢いましょう
ニューカレドニアで逢いましょう モバイルの方はコチラ


あれ?
なんだか固い紹介文になってしまいましたよ。
本の内容はこんな研究論文みたいなのじゃないのに!

著者のばっぷさんとニューカレドニアの関係が
優しく、時にはマジメに、書かれてるんですよ。


しかしアレですね。
スロー・ライフとかって言われてますけど
これって本当の本当は変なのかもしれないなぁ、
なんて思ってしまいました。

ニューカレドニアには自給自足の生活がある。
豊穣とは言えない土地にヤムイモを育てて
その日に必要な魚介類を海から調達するような。

そんな生活が本来の人間らしいペースだとすると、
「スロー・ライフ」なんていう単語を使う自分が
なんとなく「上から目線」のような気がしちゃいました。

「勝手にファスト・ライフを送っておいてよく言うよ!」
みたいな気分です。
┐(  ̄ー ̄)┌ ハァ…

地球に優しい科学をもっと発達させるか、
産業革命以前の生活に戻るか、という選択肢しか
地球のタメを思ったらないのかもしれません。


ばっぷさんが知っているニューカレドニアも
数年の間に変化しているらしい。
観光局のHPを観てもリゾート施設が充実してる気がする。
昔と同じような自然は、もうないんだろう。
今の状態は、今しか体験できない貴重なものなんだろう。





posted by MOW at 21:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
そうですよね。
本来、もともとご先祖様達が長い間築いてきた
数々の知恵があったのに、まさに今発見したはやりモノみたいに
するのは、ニセモノのように思います。人は、もっと謙虚だったはず。
海や、川や、山にも神の姿を重ねて大切にしていました。
家庭のかまどにも女の火の神様が宿っていると、
主婦達は大切に祭っていたんですよ。
今起きている天変地異は、人間への警告なんだと思うと怖いよ〜!!
Posted by ふうたん at 2008年05月19日 10:26
ふうたんかぁちゃんさん、こんばんはです。
今はいろんなところでいろんなことが起きてますよね。
最近の変化をみると、予想以上に早いテンポで環境が変化してきているのが分かります。
そういえば、以前は全てのものに神様を感じていたんですよね。
今では考えられないですけど…。
世の中には便利だけど無くても大丈夫なものが多いと思います!
思うんですけど、今更生活変えられないなー、とも思ったりして。
軟弱なMOWです。
Posted by MOW at 2008年05月19日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97063324

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。