2005年11月27日

E to E with LOVE,私の《ライオンハート》。

「ライオンハート」恩田陸

「夜ピク」を読んで…
他の作品も もっと試してみなくっちゃ!
って思って…
ついに恩田さんの作品、2作目に突入ですっ



すれ違いを描いた SF(ファンタジー?)。
現代のこの世の中では すれ違うことさえ困難。
そー思った恩田さんが 1枚の絵画から構想しましたっ。


各章のタイトルにもなってる その絵画とは…
「エアハート嬢の到着」
「春」
「イヴァンチッツェの思い出」
「天球のハーモニー」
章前に絵画がプリントされてるのでー、イメージし易い!

内容はといえば、とっても単純なストーリーだったりして。
いつもは すれ違ってばかりの2人の男女が
永遠の中のひと時を 同じ時を過ごすんです。

設定とか条件付けが複雑っぽかったり、
ちょっと矛盾を感じちゃうトコロもあったり、
(だからこそSFなんでしょーか)
だけど やっぱり単純なんだと思うなーっ。

あの有名なエリザベス”の秘めた願い
その願いに 応える存在 のエドワード

ある時ふと思い出す遠い昔の確かな記憶
現実との狭間で悩まされる 甘い夢や幻

日記帳に描かれる いくつかの出会い…

いつの時代に どの場所で 何歳の時点で
この2人の人生が 交差するんだろうぅぅ。

そして2人が再び出会った その瞬間は
どれだけ長く 保ち続けられるんだろうぅ。

この物語を読んでる途中、夢に見たのはっ!
ってゆーか、見た夢を覚えてること自体珍しいんですけど、
「白い犬とワルツを」の夫婦サムとコウラです。
ワタクシの中では この2人が エリザベスとエドワードらしい。
幸せな夢だったなぁ。^^





posted by MOW at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9881315

この記事へのトラックバック
TOP▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。